5b48044ca6e6ee5cbc002150

paani purse (pbp1+)

864 JPY

About shipping cost

<商品名> paani purse <カラー>   S.purple 紐 S.blue <デザイン> Hatsue Kubo (her) Kana Muraki (Lagimusim)   <素材> ナイロン100% 縦には伸びないので、耐久性もあって重たいものでも入っちゃう!横には伸びるので、大きなものも入っちゃう! <本体サイズ> < コンセプト > ハワイ語で「遊ぶ」という意味のpaani(パーニ)!! 「色で遊ぼう!」をテーマに創っています! きれいな色の組み合わせの中から、 自分にピッタリのカラーを見つけてね! その日の気分でカラーをチョイスしてもいいね! <商品説明> paanibagをしまうのに最適な巾着。 巾着のみでの使用も便利! ポケットのないお洋服の時、ちょっと携帯だけ持ち歩きたいのに...って困った時にpaani purseがあると助かります。 この生地伸びるから、実は長財布も入るいます。 paani pursをお持ちの鞄の紐のところに結んでつけて、いつも鞄の中で迷子になってしまうものを入れておくと、すぐ見つかるよ! 鞄の中を整理整頓するのも役立ちます。 お子さんのいるご家庭では、子供の為の持ち物を整理するのに役立ちます。2人以上お子様がいらしたら、子供の色を決めといて、色ごとに分けておくのもいいですよ! <ご購入前に必ず確認してほしいこと> この商品は、小さな傷が大変つきやすい素材です。 一見分かりませんが、よく見ると、 何かでひっかかったような 傷があることがあります。 制作、梱包段階で、 そのような傷が入らないように充分注意をしていますが、 まれに小さく傷がついてしまう事があります。 また、生地を染める工程でインクが飛んで小さくインクじみができることがございます。 このような傷やシミに関しては、返品の対象になりませんので、 あらかじめご理解していただいてからのご購入をお願いします。また、この素材はマジックテープにくっついてしまいます。 マジックテープや、 尖ったものもへ引っ掛けると生地にダメージがあります。 お気をつけください。 <madden Japan> We can do – ‘cause we’re in Japan! The whole production process of “paani” series items are undertaken in Japan. Fabrics are made in the Tohoku area, cutting and sewing done in a factory in Yamanashi prefecture, and designing and final checking is done by Lagimusim themselves. The ethnic character of products using the domestic fabrics, are much appreciated as souvenirs purchased by the foreigners. You wouldn’t find such products overseas, I’m sure! As for cutting, we plan carefully so as not to waste any small scrap of fabric whatsoever. The workers at the sewing factory understand us and follow our orders to a T – this is just the Japanese technique of great teamwork! For example, the factory workers have executed a unique technique of sewing up the corners of paanibags making them easily reversible, sewing the delicate fabric carefully and beautifully. It gives the feel of another example of typical “Japanese” like factory work. Finally, every piece of product goes through a meter reading machine, double checking them in the factory, as well as by Lagimusim before they are ready to be displayed here.